先日の記事でもさらっとご紹介しておりました
『iSpin s』について、yodobashi.comから商品が
 届いたのでとりあえず比べてみようと思います。

『iSpin s』と『民族』

iSpin s 民族

形はほとんど同じである

【iSpin s】

iSpin s①

【民族】

民族①

それじゃ、分解してみようか(*゚∀゚)っ。

じゃじゃ~んヾ(´ω`=´ω`)ノ 

『iSpin S』

iSpin s②

『民族』

民族②

どんどんいくよっ(☆゚∀゚) ♪

【ベアリング】

ベアリング①

【錘】

錘①

錘②

糸 冬 了

【まとめ】
 世間一般では両方とも民族と言われているみたいだけど、
まったくの別物です。

 両方ともハンドスピナーとしては優秀な方だと思います。

 民族は約2,000円、iSpin sは約6,000円で主な値段の違いは
作りの精巧さと回転時の安定感の違いかと思います。

 ちなみに民族のカラーゴムがないのは、遊び倒して
全部とれました。iSpin sは回転だけを楽しんで
いるので無傷です。゚+.(・∀・)゚+.゚。

 やっと手乗り文鳥が出来るようになりました ♪
民族で練習してる人はわかるかもだけど、
血豆できるよね(゚∀゚)アヒャヒャ。

 ハンドスピナーをこれから買おうと思っている方が
もしおられましたら『iSpin s』はとてもオススメです。
そして遊び倒す用の『iSpin s』ならシルバーをオススメ
します。

 ブラックは塗装なので、遊んでいる内に塗装が取れます。
新品購入時でも若干とれてたりするので、削り出し研磨
仕上げのiSpin S (シルバー)ならその心配はありません。

さて、練習しよ~(*゚▽゚*)。